【ローマ字入力】「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」のおすすめの打ち方とは

日本語タッチタイピング(ローマ字)

今回は「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」をローマ字で入力するのはどうやるか?なのです。
うぃ~す!とかに使う小さい文字です。
これも覚えてしまえばそれっきりっというお話でもあるのですが。

実はこれ、入力の仕方によっては打ち易さが変わってきてしまうのですよ~

そんな訳で、今回は私的にはどう打つ方が良いと思っているのかも合わせてお伝えしていきま~す。

ローマ字で小さい「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」を打つやり方

※つづり方のxa(la)は「xa」でも「la」でもどちらでも良いという意味です。
laのlは「小文字のL(エル)の事です。

表示する文字つづり方
xa(la)
xi (li )
xu(lu)
xe(le)
xo(lo)

私のおすすめなローマ字で小さい「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」を入力する方法

「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」をローマ字で入力するのは簡単でしたね。
次には私のおすすめな入力方法についてお伝えしますね。

表示する文字つづり方
la
xi
xu
le
xo

これが何でおススメなのかって事なんですが。
これはタッチタイピングの時に両手を使って速く入力が出来るからなんです。
2文字を同じ方の手で入力した方がやり易ければそれはそれで良いと思いますよ。

どちらかに統一した方が覚えやすいのではないかしら。。。

あくまでも、私的にはこちらが良いと思っているだけですのでね。
2つの手で入力した方がタイミングをとり易くって「ダダッ」っと出来てしまうのです。

 

この方法が良いと思った方は御使いくださいませ。

 

タッチタイピングで「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」を入力する時の指使い

私のおススメする「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」の入力の指使いをお伝えしておきます。

表示する文字どの指を使うのか
l(右薬)a(左小)
x(左薬)i(右中)
x(左薬)u(右人)
l(右薬)e(左中)
x(左薬)o(右薬)

まとめ

今回は

小さい「あ、い、う、え、お」である「ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ」のローマ字での入力方法
私のオススメなローマ字入力方法
タッチタイピングでどんな指使いをするか

についてお伝えしました。

タッチタイピングでスピードを上げていく為には知識武装する事も大切だと思います~
しかしながら文字の入力というのはスピードが速ければよいというものでもありません。
的確に文字変換を行って、間違いの少ない方法をどんどんと取り入れていくべきだと思っています。

使える知識はどんどんと使っていきましょう~

ここまで読んで頂きまして誠に有難うございました。
嬉しい楽しいついてます。

感謝
泉水善光

タイトルとURLをコピーしました